木枠
 アトリエにキャンバスを張ってない100号と130号の木枠がある。ホルベインのキャンバス張り器No.5というのがあって、大作を張るのにはとても使いやすいのだが、次第に布を挟むゴムがくたびれてきて、ついにはボロボロになってとれてしまった。
 先日、もしやと思ってネットで検索すると、思った通り、ゴムだけが売っていた。しかも315円。早速購入した。ああ、便利な世の中だな。
 というわけで、キャンバスを張ろうと思ったのだが、アトリエがごたごたで、しかも描きかけの小品が散らばっていて、木枠を出すのが一苦労。キャンバスを張る作業自体は、玄関ポーチでやるので問題ないが、出来上がったキャンバスを置く場所の確保ができない。
 アトリエに座って、しばらく「あれとあれを片付けて・・・、そのためには先にこっちを片付けて・・・」とシミュレーションしてみたが、それだけでなんだか億劫になってしまって、とりあえず描きかけの絵を描いてみたりした。でも、この絵が乾くまでは、また片付け作業に入れないことに気づき、そっとため息をついたりして。
 ああ、ネット通販は便利だが、アトリエが狭いのは不便だな。(普段からちゃんと片付けておけばこういうことにはならない)
[PR]
by hiroafukasawa | 2012-07-16 13:40 | 雑記帳 | Comments(0)
<< スクエア展出品作品 キスマーク? >>