金環日食
 一日遅くなったけど、写真が撮れたのでアップしておこう。
e0137995_19373125.jpg

EOS 5D Mark2で撮影

 そもそも、太陽なんて、専用のフィルターを使わなければ撮れない。うっかり太陽をカメラで覗いたら、目も焼けてカメラも壊れるらしい。何十年に1度の日食のために、高価なフィルターを買う気にはなれず、撮影はそうそうに諦めて、子供たちと日食メガネで見ていた。
 ところが、いよいよリングになるという時に雲が出てきて、太陽が肉眼で見えるようになった。肉眼で見えるということは、普通にカメラで撮れるということじゃないか。慌ててカメラを用意したが、もともと撮影するつもりがなかったので、望遠レンズを用意しておかなかった。なんとかカメラの画素数の多さで、ここまでに見えるが、実際は雲の海の中に小さな輪っかが見えるというお粗末な一枚だった。
 ところがところが、テレビや新聞でも、フィルターを使ってない写真がいっぱいだ。つまり、彼らプロのカメラマンは、太陽が雲に入ってフィルターなしでも撮影できることを想定していて、それを狙ったということなのか。さすがだ・・・。

e0137995_1955121.jpg


 ついでに、木漏れ日の撮影した。金環が終わり、三日月形になった太陽によって、木漏れ日も三日月形になる。不思議だ。
[PR]
by hiroafukasawa | 2012-05-22 19:56 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 飾り棚 風邪ひいた >>