チャリティー
 結論から言うと、私の中では納得できない。何か違う気がする。

 大きな災害が起こると、なぜか人は高揚感に支配され、「被災者のために何かしたい」とよく考えもせずに行動してしまうことがあるそうだ。まあ、それはそれとして、被災者のために何かしたいという気持ちはとても大事なことで、何かできる人は(被災者やボランティアの迷惑にならない限りは)した方がいい。それは間違いない。
 絵を描く人たちが、「絵を売ったお金を寄付しよう」と考えるのは実にストレートで、これも間違いじゃないと思う。3月末ぐらいから予定されていたグループ展に急遽「チャリティー展」と冠をつけて、「絵の売り上げの一部を寄付します」とか、路上でペイントライブをやってお金を集めるとか、いいと思います。

 そこで、じゃあ私はそんなことをやるのか?と自問してみるに、たぶんやらないだろう。そういう展覧会に出品して欲しいと言われれば、喜んで絵を提供するが、自分から進んでチャリティー展を開こうとは思わない。
 「チャリティー」の冠をつけることで人が余計に集まる、さらに絵が余計に売れる、みたいな打算が感じられるのもある。普通に展覧会をやって、売れた分から自分が出せるだけを普通に寄付したらいい、もっと言えば、展覧会を開くのとは関係なく、普通に寄付すればいい、と思う。寄付が目的なのか、チャリティーと冠をつけるのが目的なのか。

 でも、この時期にチャリティー展とかやっちゃう人というのは、頭が柔らかくて行動力がある、たぶん若者たちだろうと思う。若いエネルギーなんだな。つまり、私はもう年寄りなんだな。ペイントライブなんてできないもんな。ある意味、うらやましい。

 某画伯が「絵はテーマやスタイルだけではありません。エネルギーです」と言っていたが、絵そのものが人々にエネルギーを与えるような、そんな絵を描きたい。

 被災者の皆さん、ガンバレ。チャリティー展を開く人もガンバレ。東京電力福島原発で決死の作業を続けている名もない下請け業者と自衛隊の皆さん、ガンバレ。
[PR]
by hiroafukasawa | 2011-03-29 21:12 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 春 無計画停電の影響 >>