水彩画教室終了
 全5回の水彩画教室(市民講座)も無事終わった。何十年かぶりに「先生」という立場に立ち、もっとオタオタするかと思ったが、意外にすんなり出来てしまった。ま、絵なんかどうでもいいじゃんって感じの児童・生徒ではなく、絵を描きたくて集まった大人の皆さんだから、すんなり行って当たり前か。

 関係者の話によると、こういう講座は、最初に来た人数が最後には半分になる、というのが常だそうだ。無料だから、止めたい時に止められる。今回の私の講座は、最初の登録人数が20人。実際に初日に来た人が16人。そして最後に残った人が13人。数字だけ見るとかなり好評だったようだ。
 で、係の人が生徒の皆さんに「このままこの講座を続けたい方」と尋ねたところ、かなりの人が「やりたい」ということだった(係の人にとっては生涯学習という観点から、続けたいという人が多い方が講座を開いた意味がある)。というわけで、次の日曜日に集まって、具体的にどういう風に活動していくのか話し合うことになった。
 さあ、ここで問題なのは、講師料。今回の市民講座の私の講師料は5回で20,000円。1回あたり4,000円。これは市から支給されるお金だ。だが、次からの教室は市民講座ではなく個人の集まりなので、私の講師料は生徒さんの負担になる。10人集まれば1回400円だが、無料講座に集まってきた人たちにとってこの金額が高いか安いか?
 私が「講師料はいらない」と言えばいいのかも知れないが、世の中そういうものではないらしい。私としても、無料の講師だと手抜きになって、いずれ行かなくなっちゃうかも・・・。

 そうそう、そんなことより、私は東京に持って行く自分の絵を描かなければいけないのだ。正直、人の絵の心配なんかしている場合じゃない!!?
[PR]
by hiroafukasawa | 2010-02-16 22:27 | 雑記帳 | Comments(0)
<< 4ギガ キャンバス張り4 >>