八代絵の会作品展
 「八代絵の会作品展」11月18日(土)から12月2日(土)まで、午前10時から午後5時、笛吹市御坂町・学びの杜みさかロビー。入場無料。会員8人による絵画展。私も出品します。
 「八代絵の会」は2010年1〜2月に開かれた笛吹市市民講座・水彩画教室の受講生を中心として結成したグループです。毎月2回、勉強会を開き、制作に取り組んできました。結成から7年経ち、今回、その成果を発表することになりました。ご高覧のほど、よろしくお願いいたします。講師の私も商品を出品します。
e0137995_13021724.jpg
 

 

 


[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-11-09 13:09 | 展覧会情報 | Comments(0)
日本のキャンバスのサイズ
日本のキャンバスのサイズと面積をまとめてみた。

e0137995_16111337.gif

[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-10-27 16:13 | 雑記帳 | Comments(0)
小品制作
 最近、また小品を描き始めた。木枠を大量に買い込み、ロールキャンバスの半端をやりくりし、さらにはカミさんが昔描いた絵をはがして布を再利用し、気がつくと3〜40点くらいのキャンバスが進行中になった。アトリエに置ききれないほどある。乾いている絵は重ねてしまったりして、それを忘れて「あれ、こんなところにも描きかけの絵がある」なんてことも。
 そんななか、自分的には明らかに描きかけなんだけど、現状で「なんかいい感じ」の絵が2、3点ある。そういう絵は、これ以上手を加えるのが怖くなる。しばらく温めておくことにしているが、タッチも雰囲気も他の絵とは違うので、このままサインも入れられずにお蔵入りしてしまうような気もする。

[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-10-24 12:53 | 雑記帳 | Comments(0)
終戦の日
 終戦の日ですね。
 北朝鮮は、グアムにミサイルを落とす計画を立て、日本ごときは消し飛ばしてやる、みたいなことを言っているようです。
 幸せの国・ブータンの土地を中国が侵略しています。友軍のインド軍と中国人民解放軍とが、今にも戦線を開きそうな気配です。南沙諸島はご存知の通りです。

 テレビでは天皇陛下や安倍首相が、戦争を反省し二度と戦争を起こさないようにと語っています。その通りです。でも、この72年間、ずーっと反省し続けている日本に、さらに「日本は戦争をするな」「反省が足りない」「もっと反省しろ」という人達がいますね。「ミサイルが飛んできても迎撃してはいけない」とか言う人達もいて、頭おかしいんじゃないか、と思います。

 そんなに戦争を憎むなら、しきりに反省している日本じゃなくて、中国共産党と北朝鮮に言ってもらえませんかね。

 なぜ、それができないのでしょうか。反戦は、おとなしい日本相手ならビジネスになるが、中国共産党や北朝鮮相手では腰が引ける、ということなのでしょうか。それとも、「反戦」を叫んでいる人達は、日本を弱くしておきたいとの思惑のある、中共朝鮮の回し者なのでしょうか。
 まあ、国内の中国大使館とか、北朝鮮のなんかそういう組織とかの前でデモやってシュプレヒコール上げても、相手にされないでしょうけどね。「日本人があれだけ訴えているんだから、少し考えてみるか」なんてことはないでしょう。中国や朝鮮を日本の物差しで測ってはだめですね。見た目は似ているけど、中身は別物です。日本人同士なら通じる話も、通じないことばかりです。

 振り子は左に振れれば右に戻ります。大きく左に引っ張れば引っ張るほど、大きく右に振れます。必要以上に反戦を叫ぶことが、逆に戦争への道を開くような気がして怖いです。

 「安倍は戦争をしたがっている」なんていう根も葉もない噂じゃなくて、中共朝鮮が、今、実際に何をしているかに注目すべきだと思いますがね。それに対して何をすれば最善なのか。ただし、相手は話が通じませんよ。話が通じれば、もっと早い段階で何とかなったはずですから。


 

[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-08-15 13:16 | 雑記帳 | Comments(0)
第27回スクエア展
 「第27回スクエア展」が終わりました。今年は仕事が忙しくて、最低限の準備しかできず、SNS関係に情報をアップするのも少なかった。(どれ程の効果があるかわからないが)とりあえず反省。

e0137995_12525719.jpg




[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-06-27 12:53 | 雑記帳 | Comments(0)
竹原ピストル 追記
 この前、竹原ピストルの話で、歌は「チープ」と背中合わせと書いたけど、これは、抽象画などがある程度認められる絵画と比べて歌は、という意味であって、竹原がチープと言っているわけではないので、誤解なきよう。
 中島みゆきの「ファイト!!!」歌っている動画があるけど、これなんか鳥肌ものだよね。

 CDも買っちゃいました。

[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-05-27 10:54 | 雑記帳 | Comments(0)
靴底
 20歳だったか21歳だったか、交通事故で右足を骨折して、以来、右足首は左足首に比べて曲がる角度がいまいちで、筋肉も右足の方が少なくて細い。利き足も左になった。
 最近、太ってきたのでなるべく歩くようにしている。お昼のお弁当も、わざわざ離れた店に歩いて買いに行ってみたり。今日、たまたま靴の裏を見たら、驚いた。
e0137995_08353167.jpg

 上が右、下が左。左足の靴底の方が、明らかに見るからに減っているのだ。この減り具合の不均衡は異常だな。
 手もそうだ。前を向いて歩いている自分の視界に、自分の手が入り込む。右、左、と交互に視界に入る自分の手を意識したことがあるだろうか。あるとき、私は気付いてしまった。「あれ、右の手の方が振れてない」。普通に歩いているつもりで、右手も左手も同じように振れていると思っていたのに、明らかに左の方が大きく振れて、右手は視界の隅にギリギリ入る程度。
 なんとまあ、アンバランスな体になってしまったものだろうか。


 



[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-05-24 08:46 | 雑記帳 | Comments(0)
竹原ピストル
 テレビを見ていたら、今注目のシンガーソングライターの竹原ピストルがスタジオライブをやっていた。その番組の中で竹原ピストルは「俺だけにしか歌えない歌を歌いたい」という趣旨のことを言っていた。また、「お客さんに『感動した』と言ってもらえるのはとても嬉しい。だけど結局、何のために歌っているかというと、自分が歌うのが好きだから」とも言っていた。私もテレビの前で、「そうそう、絵も一緒」とか思い頷いていた。
 音楽に関しては門外漢ではあるが、歌というのは、誰もがわかる言葉と文脈を、誰もが不快に思わないメロディーに乗せなければ、多くの人を感動させられないと思う。歌は、100人集めたライブならば100人に感動を届けることを目指すでしょう。でも、この「誰もが」というのは「チープ」と背中合わせなんだよね。その点、竹原ピストルはその声でずいぶん助けられていると思う。
 つまり、自分が歌うのが好きだからと言いつつも、言葉をメロディーに乗せている限り、宿命的に「誰もが」を意識しなければならない。
 絵も似たようなことが言えるけれど、歌に比べたら、ライブ感のない絵にそもそもそれほど人を感動させることができるのかっていう話もあって、極端かも知れないが例えば個展会場に100人の来客があったとして、その内の1人でも感動させることができれば成功かも、と思ったりもする。

 一方、新聞に、歌人の川野里子さんの講演の再録が載っていて、その中にこんな言葉があった。少し長いが引用すると「短歌には二つの方向性がある。一つは、私たちが生きる荒海のような時代の奥まで潜り、何が起こっているのかを最先端の感受性でしっかりと読み取ること。もう一つは、その荒海の底から浮上して、人間の根源的な存在の温かさや美しさ、深さと出合い直し、もう一度つかみ取ろうとすることだ。その二つが相互に働き合いながら、人間というものをさらに深い眼差しで見つめ、表現することだ」。
 難解かも知れないが、私はとても共感を覚えた。私なりに要約すると、「まず現代社会を現代人の感覚で捉えること。そしてそれを踏まえて普遍的なものへ昇華させること」というような意味だと思う。この方のがすごいのは、そもそも形から入っただけの普遍性など相手にしていないところ。

 絵もね、きれいな風景や美しいモデルさんをきれいに写生するとかは、普遍的な美のテーマかも知れないけれど、「誰もが」わかる絵である限りはチープで面白くないと感じてしまう。だからといって、何のバックボーンもなく抽象画に飛びついても、観る人に説得力を持って感動させることはできない。もちろん独りよがりの絵には何の感動も覚えない。
 一旦自分の中に潜り、底まで行って、そこで何かを見つけて、もう一度浮かび上がって画布に向かう。それを繰り返して、やっと1枚2枚、人に感動を与えられる絵ができるかどうか・・・。

 凡人の私は、自分の中に潜ってみても何も見つけられず、どこまで潜れば底なのかもわからずにいる。そもそも潜ったつもりでいるだけで、実は荒海の海面に近いところでただ一生懸命、手の届かない底を探しているのかもしれない。そうやって探し続けて、一生を終えるのかも知れない。



 

[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-05-20 16:25 | 雑記帳 | Comments(0)
飽きてきた
 先日、ぼんやりテレビを見ていたら、最近の若い子たちは喫茶店などに集まっておしゃべりをするらしい。SNSで人の悪口を言ったりすると画面を証拠に残され、あとあと大変なことになるから、直接会って話すようになってきているそうだ。革新的なコミュニケーションツールが、グルッと回って喫茶店に戻ってきたわけだ。
 私も、ここ数年、このブログやtwitter、Facebookへの書き込みが大きく減った。なんかつまらなくなってきた。「アラブの春」の頃は、「SNSが世界を変える」とワクワクしたが、結局身の回りには、当たり障りのない情報しかなかった。現実世界で北朝鮮がミサイルを撃っているのに、twitterでは相変わらず美味しいスイーツの写真が並んでいる。一般市民の情報発信なんてそんなもの。ちょっと尖ったり、道を外れると叱られるので、常にいい子でいなければいけない空間。しかるべき識者のしかるべきコメントだけを追うようになって、自分自身は毒にも薬にもならないことだけを選んで書き込んで・・・。正直飽きちゃいましたね。

 ただ、ネットにはマスコミが報道しない真実もころがっているので、それを探して読むのは楽しいです。


 

[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-04-11 18:13 | 雑記帳 | Comments(0)
500円玉イラストのその後
 最近、500円玉のイラストにコメントが付かないな、と思ってググってみた。一時期、「500円 フリー イラスト」でググると、私のこのブログが上位に表示されていた。ところが今、このイラストと同じくらいのクオリティのフリーイラストが増えたようで、私のは1ページ目にも表示されなくなった。というわけで、500円玉イラスト目当てで訪れる人が減ったようだ。
 そろそろ「平成29年」版も作ってアップしようかと思ったのだが、どうやらその必要もないようだ。なんだ、よかったよかった。余計な手間が省けたよ。ハハハハハ。


ハハハ。


 

[PR]
# by hiroafukasawa | 2017-02-22 16:23 | フリーイラスト | Comments(0)